トレーナーの仕事

HOME > Recruit > Trainer
  • スケジュールと試合情報・結果
  • プレーヤーチームスタッフ募集
  • ゴールデンパンサーズ
  • 立命館パンサーズ後援会入会ご案内
  • パンサーズグッズ紹介
  • びわこジュニアパンサーズ
  • 立命館パンサーズfacebook

リクルートトレーナー

トレーナーとしての入部動機

 

 

 

わたしは今までプレーヤーでしたが、大学でスポーツをしている人を支える側になりたいと思っていました。そのときパンサーズの存在を知り、見学させてもらい、実際に先輩から話を聞かせてもらいました。先輩たちがやりがいを感じて活動しているのが伝わってきて、わたしはこの人たちと一緒にトレーナーの勉強をして選手のサポートをしたいと思いました。また、“日本一”という目標の高さにも強く惹かれました。

 

トレーナーの仕事は万全の状態で選手をフィールドに送り出すことです。そのため、リハビリや怪我の予防など選手にとってプラスになることを考えアプローチします。常に考えて行動し、選手を身近に感じることのできるポジションです。

 

 

辻 美月

スポーツ健康科学部 2回生
(BKC)
高津高校出身


トレーナーの一日
廣瀬 春菜

スポーツ健康科学部 2回生
(BKC)
神戸高校 出身

6:45  起床
8:25  原付で登校
9:00  授業開始
12:10  昼休み
13:30  空きコマトレーニング
16:10  授業終了
16:30  部活開始
20:30  片付け
21:30  部活終了
21:45   帰宅
22:00  自炊・課題
24:00  就寝
選手メセンから見たトレーナー

 

 

 立命館大学アメフト部のトレーナーパートは最も選手との距離が近くて関わりが深いポジションです。主に選手の健康管理や、怪我の把握・治療をしています。また、怪我をした選手が練習に復帰するためのリハビリのメニュー作成や、選手がさらに強くなるための具体的な策を考えて実行しています。選手のパフォーマンスに直結するポジションであるため責任は重大ですが、日々試行錯誤を重ねることで選手と共に成長できるポジションです。

 

大野 莞爾 

経済学部 4回生
(BKC)
立命館宇治高校 出身
高校時スポーツ
 アメリカンフットボール
ポジション : ディフェンスライン

  

back to top