アナライザーの仕事

HOME > Recruit > Analyzer
  • スケジュールと試合情報・結果
  • プレーヤーチームスタッフ募集
  • ゴールデンパンサーズ
  • 立命館パンサーズ後援会入会ご案内
  • パンサーズグッズ紹介
  • びわこジュニアパンサーズ
  • 立命館パンサーズfacebook

アナライザー

アナライザーとしての入部動機

 

 

私は、高校時アメリカンフットボール部に所属していました。高校3年生の冬に、ライスボウルで立命館大学パンサーズと社会人チームパナソニックの試合を観戦し、そのとき初めてパンサーズの存在を知りました。しかし、立命館大学には勉学に励むために進学し、アメリカンフットボール部に入部しようとは思っていませんでした。入学してからサークル、クラブ探しをしているうちにパンサーズの存在が頭に浮かびました。大学ではプレーヤーではなく、別の視点でアメリカンフットボールに携わりたいと思い、学生スタッフとしてパンサーズに入部しました。パンサーズで活動できれば、人として成長できるのではないかと思ったのも入部を決めた理由の1つです。

私はアメリカンフットボールのプレーを詳しく知りたいと思い、アナライザーというポジションを選びました。アナライザーは主に対戦校の分析をし、分析したデータが試合で生かされるときにやりがいを感じます。チームの可能性を見出すことの出来るポジションだと感じています。


田中 遥祐

 

法学部 2回生
(衣笠キャンパス)
聖学院高校 出身

アナライザーの一日
6:00   起床
9:00   授業
12:10  昼食
15:00  クラブハウスへ向かう
16:30  部活
22:00   クラブハウスを出る
23:30  帰宅
24:00  夕食、就寝
山本 友貴

総合心理学部 2回生
(OIC)
立命館守山高校 出身

選手メセンから見たアナライザー

アナライザーの仕事は、一言でいうと分析です。

アメリカンフットボールは「準備のスポーツ」と呼ばれています。そのため、対戦校のプレーの分析は欠かせません。また、相手だけの分析をするのではなく、選手が自分のフォームなどを後から分析・確認出来るように、日々の練習を撮影することもアナライザーの重要な仕事です。正確に分析することは容易なことではないですが、相手の特徴を掴み、戦略を考えたりすることは面白いと思います。

アナライザーは、日本一という目標を達成するための鍵となるポジションです。

 

 

橘 亜門

理工部 4回生
(BKC)
池田高校 出身
高校時スポーツ
 アメリカンフットボール
ポジション : ディフェンシブバック

            

back to top